住まい

【掃除がラクな物件を選ぶコツ】壁紙・お風呂など、入居前のチェックポイントを紹介

結婚当初は共働きの家庭が多いはず。

物件を選ぶときは家事が少しでも楽になるように、掃除が楽かどうかの目線を持っておくといいですよ!

フタリノ
フタリノ
選ぶときから、リアルな目線を持っておけるかが重要!実際に暮らすイメージをしてみてね

IHクッキングヒーター

掃除のしやすさが段違いNo.1はコレ!

ガスコンロは凹凸があるし、洗うのが面倒。

IHなら天面がフラットなので、拭くだけでOK!ガスに比べると油ハネも少ないです◎

段差のない床

ルンバなどお掃除ロボットを導入するにはフラットな床が大前提!

今は持っていなくても、後々欲しくなることを考えて段差のないおうちがおすすめ。

セラミックコートの浴槽

お風呂掃除は意外と盲点!

毎日の掃除が必要となり、めんどくさいことの一つ。

セラミック加工の浴槽は汚れがつきにくく掃除も簡単。

カビや細菌の繁殖を抑えてくれる効果もあります。

ビニール素材の壁紙

子供の予定がある人はチェックしてほしいのが、表面がビニール素材の壁紙。

水に強く、掃除しやすいです。

油性マジックやクレヨンなどの汚れも簡単に落とせるので、お子さんがいる家庭は特に要チェック!

暮らしやすさは物件選びの時点で決まる◎

物件って家賃と雰囲気で選んでしまいがちですが、実際の暮らしを想定して「お掃除視点」でチェックしておくと、入居後の生活が随分楽になります♪

うちは転勤族なのですでに今の家(社宅)が4軒目なんですが、お風呂の素材ひとつで掃除のしやすさが全然違うし、段差問題でルンバが使えない部屋が多くなると掃除に時間がかかって本当に困ってます・・・

お掃除が苦手な人ほど、こういうところも意識して物件を選んでみてほしいです。