挙式準備

結婚が決まったら。式場選びの前に決めておきたい5つのこと

結婚が決まったプレ花嫁さんに向けて、式場選びのコツや注意点を4回に分けてお伝えします◎

まずは、結婚式を挙げると決まったら、ブライダルフェアや式場見学に足を運ぶ前に二人で話し合っておくべきことからご紹介。

  1. 何のために挙げるのか
  2. どこまで呼ぶか
  3. 予算のこと
  4. 時期
  5. 挙式スタイル

最初にこの5つをすり合わせておくと、判断軸が定まってその後の検討がスムーズです◎

フタリノ
フタリノ
特に大事なのは「何のために挙式するのか!

何のために式を挙げるのか

2人が挙式をする理由は何ですか?

  • 長年の夢を叶えたい
    ディズニー挙式、海外リゾート婚など。
  • 家族への感謝、両家の親睦を深めたい
    一泊二日の国内リゾート婚など。家族サービス重視◎
  • 親しい友人や仕事仲間にお披露目
    二人の交友関係を繋げる。みんなに楽しんでもらいたい。
  • 二人の思い出づくり
    思い出の場所で、記憶に残る式にしたい。

などなど。

何を一番大切にしたいかを決めることで、場所や規模感は自ずと定まってきます。

一生に一度の大事なお式。

何のためにあげるのか、誰と、どんな時間を過ごしたいのかぜひゆっくり考えてみてくださいね。

どこまで呼ぶのか

  • 家族だけ?親戚はどこまで呼ぶ?(親にも要相談)
  • 親しい友達?
  • 学生時代の友人や恩師?
  • 職場の上司や同僚?

ゲストの数は半々が目安。

お互いが呼びたいゲストが決まったら、顔ぶれをシェアし、特別に配慮が必要な人はいないかどうか、確認しておきましょう。

遠方の人がどれぐらいいるか妊婦さんはいるか
体が不自由な人はいるか

ゲストの負担を考えた式場選びも大切。

フタリノ
フタリノ
理想から一気にリアルに・・・でもとっても大事!

予算の上限を決めておく

  • 二人の持ち出し資金の上限は?
  • 親からの援助はある?ない?
  • ご祝儀はどのくらいになりそう?(ざっくり決めた人数×3万円で割り出す)

援助やご祝儀を把握した上で持ち出し資金をいくらまでにするか、予算上限を決めておきましょう。

「挙式費用は最小限にして、新婚旅行をリッチにしたい」

「挙式の時期を遅らせてでも目標額を貯めたい」

などなど、ここは人によって考え方が全然違うところだと思います。

フタリノ
フタリノ
ざっくりでも話し合っておかないと、「一生に一度だから」という魔法の言葉で予算がどんどん膨らんじゃうよ

挙式の希望時期を決める

  • 二人の記念日?
  • ゲストのスケジュールに合わせる?
  • 気候のいい時期(春・秋)をえ選ぶ?
  • 逆に閑散期にしてコストダウンを狙う?
  • お金がたまるタイミングに合わせる?
  • 授かり婚の場合は、出産前or後?
  • 人気の式場だから、式場のタイミング次第?

これも色んな考え方がありますよね。

時期を決めると、一気に物事が進みます◎

大安吉日にこだわるかどうかも、早めに両家の意見を確認しておきましょう。

人気なのは春・秋や、土曜・祝日前の日曜、大安・友引です。

 

希望の挙式スタイル

挙式のスタイルもいっぱいあるから、最初にざっくり希望を話し合っておくと式場の候補が絞りやすいです!

式の目的やゲストの人数からイメージしてみましょう◎

①誰に誓う?

  • 人前式・・来てくれたゲスト
  • 神前式・・日本の神さま
  • 教会式・・キリスト教の神さま

 

②式場タイプは?

  • ホテル
  • 専門式場
  • ゲストハウス
  • 神社
  • レストラン
  • リゾート

式場の種類と、それぞれのメリット・デメリットはこちらのポストで紹介しています◎

〜内部リンク〜

 

式場選びの注意点

ゼクシィでビジュアルから入ったり、何気なくフェアに行ったりしちゃうと激しく目移りします!

あれもいい、これもいい、全部いい!

ってなるとなかなか決められないので最初に二人の軸となる5つのことを話し合っておきましょう。

 

次は、②式場タイプ別の強みと弱みをチェック!