同棲

同棲初期費用の相場はいくら?引越し費用・家具家電など二人暮らしの総額費用を公開!

同棲を始めようとすると、地味にお金がかかりますよね。

結論、少なく見積もってもざっくり賃料の5ヵ月分は必要になりそうです。

何にいくらかかるのかざっくり目安が立てられるように、初期費用として考えられる項目をできる限りリストアップしました!

この中から自分たちに必要なものを選べば、必要経費の目安がわかります◎

  1. 引っ越し費用
  2. インテリア購入費用
  3. 家電購入費用

この3つに分けて確認すべき項目をリストアップしたので、【いる or いらない】を二人で話し合ってみてください。

 

引越し費用

敷金 家賃の1~2ヶ月分
礼金 家賃の1~2ヶ月分
仲介手数料 家賃の1ヶ月分
家賃 1ヶ月分
火災保険など 1~2万円
2人の引越し費用 6万円×2
フタリノ
フタリノ
これだけでも、かなりの出費だよー!

なんだかんだ一番高くつくのは礼金・仲介手数料・引越し費用です。

引っ越し関連費用を下げるための工夫

  • 敷金や礼金が少ない物件を探す
  • 仲介手数料がかからない不動産業者を選ぶ
  • 賃料交渉がしやすい時期を狙って引っ越す(閑散期)
  • 業者を使わず自力で引っ越す
  • 引越し業者に頼む場合は、相見積もりをとる
フタリノ
フタリノ
少しでも安く引っ越しができるように工夫してみてね。

 

インテリアにかかる費用

【総額】 約40万円

カーテン類 4.2万円
ベッド 14.8万円
布団 4.9万円
1.1万円
食器棚 5.4万円
ダイニング家具 6.9万円
ソファ 7.5万円
ラグ・カーペット・じゅうたん 1.3万円
AVボード 3.6万円
リビングテーブル 3.0万円
本棚 1.4万円
来客用の布団 1.8万円
ドレッサー 4.4万円
たんす 2.8万円

(※ゼクシィのアンケート調査より)

インテリアや家電は一度に新調するより、必要に応じて徐々に増やしていく方がおすすめです!

最初はカーテンや布団など必要最低限だけ揃えて、あとから必要に応じて買い足していきましょう。 二人で持ち寄れば大抵のものはカバーできるはず。

最低限購入するものだけを決めておかないと、とんでもない額が一瞬にして吹っ飛びます😭😭😭

最初から張り切って統一感を出そうとせず、暮らしながら徐々に居心地のいい空間に整えていきましょう◎

 

家電にかかる費用

【総額】 約37万4000円

冷蔵庫 13.8万円
照明器具 3.2万円
洗濯機 9.3万円
掃除機 3.3万円
電子レンジ 4.8万円
炊飯器 3.1万円
エアコン 11.2万円
テレビ 11.5万円

(※ゼクシィのアンケート調査より)

まともに揃えようとすると、インテリアと家電だけで80万円・・・!

どれもこれも必要だから切り捨てるわけにもいかないですよね。

まずは必要最低限を揃えて、一人暮らしの時に使っていたものを使いながら、徐々に揃えていくのがベストです!

フタリノ
フタリノ
必要最低限のものをピックアップ!
節約ポイント

照明器具やエアコンがあらかじめついている物件を選ぶ
新品にこだわらずリサイクルショップで購入して費用を浮かせるのも手

 

必要最低限の費用を抜粋!

少なく見積もっても、賃料の5ヶ月分は必要になりそう。

引っ越し費用

敷金 家賃の1~2ヶ月分
礼金 家賃の1~2ヶ月分
仲介手数料 家賃の1ヶ月分
家賃 1ヵ月分
保険 1~2万円
2人の引っ越し費用 12万円

インテリア費用

カーテン類 4.2万円

家電費用

照明器具 3.2万円
エアコン 11.2万円

家具や家電はいっきに全部揃えようとすると大変なので、最初から完璧は目指さず、出来るだけありもので暮らせるような工夫を。

 

みんながリアルに払った金額

人それぞれ前提条件が違うので一概にいくらが妥当とは言えないのですが、実際にみんながどれくらいお金を使ったのか聞いてみた結果がこちら!

〜10万円未満:9%
10〜30万円未満:29%
30〜50万円未満:29%
50万円以上:33%

フタリノ
フタリノ
50万円以上が一番多い結果に…!何にいくら使ったのか、みんなの実例をたくさんご紹介します!

聞いたのはこの4項目と、節約のために意識したこと。

  1. 物件にかかる費用(敷金・礼金・仲介手数料・火災保険など)
  2. 引っ越しにかかる費用(引越業者に頼む代金、荷物の郵送費用、自前の場合はガソリン代)
  3. 家電代金
  4. 家具代金

①は住む場所が影響するし、③④も持ち物によって変わるので、自分たちの節約ポイントはどこかな?という視点で見てみてください!

 

お互い実家暮らしだった二人の例①

フタリノ
フタリノ
まずは2人とも実家暮しで、必要なものを全て揃えた二人の例

♂32 ・♀31 (2人とも会社員)

総額 100万円 備考
①物件費用 20万円 敷金礼金なし。ただし家賃(駐車場代、共益費込み)で12万円の支払い+手数料等で8万円
②引越し費用 0円 レンタカー代のみ(親支払いで自己負担なし)
③家電 80万円 将来実家を建て替えし、その時に使うので白物家電は大きいものを購入
④家具 20万円 建て替え後も使えるよう、ニトリとかではなく昔からある家具屋さんで家具を購入
節約のために自分たちでレンタカーを借りて引越しました。
あとは、家具屋さんを覗いてみるのもオススメです!うちはニトリで買わずに家具屋さんの広告品で、ニトリより質が良く安いダイニングテーブルセットを買えました(4人用のテーブルと椅子セットで4万)

 

お互い実家暮らしだった二人の例②

♂25 ・♀25 (公務員と会社員)

総額 43万円 備考
①物件費用 16万円 敷金礼金なし・仲介手数料6万くらいと最初の家賃
②引越し費用 0円 全て自分たちで行いました
③家電 12万円 電子レンジ・ケトル・洗濯機・オーブントースター
④家具 15万円 ソファー・カーテン・ベット系・ダイニングテーブル・リビングテーブル・照明
お互い実家暮らしからの同棲だったため、ほぼ全て新調しました!
節約するならできる限り自分たちで引越しを行うのがいいと思います。
家具家電にこだわりすぎず、頂けるものは頂いて初期費用を抑えました!!

 

家具・家電をほとんど持ち寄れた二人の例

♂26 ・♀28

総額 32万円 備考
①物件費用 25万円 敷金1ヶ月、礼金無し、仲介手数料半月分、家賃その月の分、つけなきゃいけないオプション・保証・保険で2万くらい
②引越し費用 0円 自分たちや両親、友達が手伝ってくれたので0!
③家電 4万円 冷蔵庫を購入。他の家電は2人で持ち寄り。
④家具 3万円 カーテンやソファは楽天で安く買えて、全部で3万くらい。あとは持ち寄り。
節約のために私たちは物件探しを頑張りました。
複数の不動産会社によって、同じ物件でもすごく安くできたりするので複数箇所行ってよかった。
家具家電はできる限り持ち寄流、中古でいいものは中古で買う、を徹底。
費用を抑えたかったら、自分たちの労力を使うべきだと思い引越しは自前でしました。

 

片方の家に移り住んだパターン①

♂29・♀27(共に公務員)

総額 10万円 備考
①物件費用 0円
②引越し費用 0円
③家電 10万円 冷蔵庫、炊飯器、掃除機、電気圧力鍋
④家具 0円
私が一人暮らしをしていた2LDKの家に引っ越してきてもらったので、住むにあたってお金はほとんどかかっていません。持っていない家電を買い揃えたり、古いものを新しくした程度でした。
冷蔵庫は新しく300Lのものを購入。炊飯器と電気圧力鍋は一緒に暮らし始めてから買いました。

 

片方の家に移り住んだパターン②

♂25・♀26(会社員・公務員)

総額 9.8万円 備考
①物件費用 9.8万円 彼の退去費用(アパートの途中解約5万、掃除代3万、エアコン掃除1万、追加撤去物8,000円)
②引越し費用 0円 同じ市内で単身引っ越しのため、自力でできました。
③家電 0円
④家具 0円
私のアパートに引っ越してきたので、ほとんど買うものはありませんでした。
掃除機やベッドなど新しくしたい気持ちもありましたが、冷静に考えて購入したいために使えるものはそのまま使い必要性を感じたら買おうと思っていました。でも、実際暮らしてみるとあるもので足りました。
収納スペースが限られるので、断捨離をしたら新しく買う物(収納ケースなど)も減り、引っ越しも楽でした。

 

物件費用をぐっと抑えた事例

♂29・♀24

総額 58万円 備考
①物件費用 13万円 敷金礼金なし、フリーレントあり
②引越し費用 0円 近所だったのでなし
③家電 20円 冷蔵庫、洗濯機、オーブンレンジ、電気ポットなど、一通り揃えました
④家具 25円 カーテン、ソファ、テレビボード、テーブル、ラグなど
節約のために「フリーレント物件にしぼる」「間取り2DKで探す」を意識しました。
最初に予算や要望をはっきり伝えたほうが担当の方が親身になってくれる気がします。
見積内容も不明点をそのままにせず、理解出来るまでしっかり聞くのがおすすめ!
その他、みんなの初期費用節約テク
  • 仲介手数料なしの不動産業者を選ぶ
  • いくつかの不動産で見積もりを出してもらって、安い所を選んだ。
  • 火災保険は仲介会社経由ではなく自分たちで探して加入!これだけで25,000円→2,000円に!
  • 自分たちだけで引越しできるように、断捨離を頑張った!
  • 家電はまとめて同じ電気屋さんで購入し、値引き交渉。
  • 家具はニトリやネットで購入。組み立て式が安い。
  • 引越し当日、時間指定ナシにすると安くなった

 

初期費用は全額彼氏持ち?彼女持ち?それとも…

かかる総額がわかったら、次はその費用をどう捻出するか。

これに関しては正解はなく人それぞれです。

年上の彼が全額負担してくれた
うちは物件にかかる費用を彼が負担、家具や家電の買い足しは私が負担したよ!トータル金額は彼のほうが多く出してくれてる
同棲を目標にカップル貯金を始めたので、初期費用は全て二人の貯金で賄うつもり

もし同棲スタートまでまだ時間があるようであれば、目標金額を決めて一緒に貯金を始めるのがおすすめ!

二人でお金のことを話し合うきっかけになるし、共通の目標ができて楽しいでよ◎

 

月々の生活費についても話し合おう!

初期費用だけでなく月々の生活費についても、同棲前にきちんと話し合っておきましょう。

収入の把握

二人の生活が成り立つのかどうか、考える上でまず大切なのは収入の把握です。

手取り月収はいくらあるのか、まだ話していない場合はこれを機に確認をしましょう。

固定費の把握

  • 賃料・共益費
  • 駐車場代
  • 水光熱費
  • インターネット回線

などなど。

変動費の仮説

次に、食費や日用品についてもある程度予算の目安を立てて起きましょう。

食費についてはこちらの投稿をチェックしてみてください^^

【二人暮らしの食費はいくら?】3,900人の答え|節約上手になる13のヒント二人暮らしの食費目安はいくらぐらいなのか?フタリノ女子3,900人に聞いた実情をまとめました!総務省のデータから見る平均目安や考え方、無理なく食費を節約する方法についてもご紹介します◎...

合わせて支払いはどう分担するのか、お金の管理はどうするのかなど、具体的な話も必要です。

お金の話は持ち出しにくいものですが、二人の暮らしが成り立つ目処が立つのかどうか、じっくり話し合ってくださいね。